新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

コラム

【「健康」とは夢を叶える「手段」】

【「健康」とは夢を叶える「手段」】

今年も残すところ33日。

今年も引き続きコロナに振り回され、  
最近ではぎっくり腰が頻発。

1年を通して「健康」が脅かされる  
危機が何度も襲来しました。

あくまでも私個人の考えですが、  
「健康」は夢を叶えるための  
「手段」だと思っています。

例えどんなに重い病気を患っていたとしても、  
「健康になるのが夢です」という人はいません。

「腰痛がさえなければ……」  
「もっと身体が動けば……」  
「膝に不安がなければ……」

「健康になって〇〇がしたい」

この『〇〇』が『夢』や『目標』であり、  
「健康」を『望む理由』だと思います。

私たち治療家は、  
そんな『夢』や『目標』を叶えたい人たちの、  
”自己実現”をお手伝いする仕事です。


私は「健康」にこだわりたい。

患者さんには私と関わることで  
手に入れた「健康」を使って、  
『夢』を叶えてほしい。


私はこれからも全力でサポートします!

治療家として患者さんの『夢』に  
関われることを誇りに思います!

【「筋肉つければ治すよ」に隠された真実】

【「筋肉つければ治るよ」に隠された真実】

腰痛・五十肩・膝痛になると、
ほぼ確実に言われるのが、

「筋肉つければ治るよ」

という言葉。

もちろん100%ウソではないですが、  
少し”飛躍しすぎ”だと僕は思います。

確かに”最終的に”筋肉をつけることは、  
絶対に必要だと思います。

ですが!

あくまでも筋肉をつけるのは  
”最終段階”というのが僕の考えです。

ひと言で「筋肉をつける」と言っても、  
・どの筋肉を  
・どれくらいの期間で  
・どれくらい鍛えて  
・いかに使いこなすか  
が重要になります。

頑張って筋肉を鍛えても、  
効果が出ないなら意味がありません。

「筋肉をつける」までのプロセスは、

①痛み(炎症)を軽減させる  
↓  
②骨格を整える  
↓  
③柔軟性を高める  
↓  
④動かし方を覚える  
↓  
⑤筋出力を高める  
↓  
⑥筋肉量を高める  
↓  
★結果的に痛みがなくなる★

という”ステップ”を踏むからこそ、  
効果が出るのが人間の身体の仕組みです。

症状や個人差によって、  
②〜⑤の順番が変わることはありますが、  
各ステップを省略して筋肉をつけても  
ほとんど恩恵は得られません。

「筋肉をつける」ことは大事です。

ですが、、

闇雲に鍛えても効果はありません。

症状に対する原因を見極めて、  
・根本改善  
・再発予防  
・パフォーマンスUP  
それぞれの目的のために、  
最適な筋肉をつける必要があります。

筋肉は何歳からでも若返ります!  
諦めるのはまだ早いですよ(^^)/

【ハッピーハロウィン】

【ハッピーハロウィン】

今日は子供達が大好きな  
ハロウィンの日

フィジカルバランスラボ整体院では、  
骨模型に仮装をさせて、  
静かに楽しんでおります笑

今日はなんと患者さんから  
お菓子をいただいたので、  
子供たちの「Trick or Treat」に  
応えられそうです(^^)

ハロウィンといえば「かぼちゃ」ですが、  
かぼちゃはビタミンEがとっても豊富で  
抗酸化作用の食べ物なんです!

細胞の老化を防ぐ「若返りビタミン」  
なんて異名を持ってますし、  
冷え性や頭痛の予防にも  
効果的と言われています!

冷え性も頭痛も原因の多くが、  
血行不良・循環不全です。

筋肉を緩めるのも効果的ですが、  
同時に”身体の中から”血行を  
良くしていければさらに効果的です!

明日からは11月。  
寒さは増していく一方です。

身体の外からも中からも  
健康に努めていきたいですね(^^)/

【気が付いたら調子がいい】

【気が付いたら調子がいい】

ある程度の回数来院された患者さんが
よく言ってくださる言葉です。

「なんで調子良くなってきたんだろ?」

と首を傾げていますが、
僕としては、、

「僕がお伝えした注意点やアドバイスを、
 ご自身で”考えて生活の中で実践した”」

結果だと思っています(^^)

一人一人生活習慣も違えば、
健康に対する価値観や優先度も違う。

「なぜ健康になりたいか?」

という目的に対して行動した結果が、
身体の調子に繋がってると思います。

僕1人の力で、
患者さんの人生を変えるような
特別な治療はできません。

ですが、、

患者さんから「人生に関わること」を
求めてもらえるような治療家で
あり続けたいと思っています。

もうすぐ9月も終わりますね。

涼しくなってきたからこそ、
油断せずにしっかり水を飲んでくださいね!

【根本改善に必要な情報】

【痛む時間帯はいつですか?】

僕は患者さんのお話を聞くとき、  
必ず確認することがあります。

それは、、

『痛みが出る時間帯』

です!

・朝起きたら痛い  
・昼になると疼いてくる  
・夕方から夜にかけてが1番辛い

など、表現は様々ですが、  
概ねこの3つに分けられます。

この『痛みが出る時間帯』という情報が  
何の役に立つのかというと、

『身体の中で起きていること』に  
目星をつけるのに役立ちます!

例えば「朝に痛い」であれば、  
・皮膚が冷えてるのかな?  
・筋肉よりも筋膜が硬いかな?  
・内臓が疲労してるかな?  
などの仮説を立てます。

「夜になると痛む」であれば、  
・筋肉の疲労かな?  
・血流が悪いのかな?  
・水分補給は足りてるかな?  
などを考えます。

もちろん部位や症状、  
そん方の生活習慣で違いは出ますが、  
「痛む時間帯はいつ?」の質問で  
色んなことがわかります!

ぜひあなたもご自分の生活の中で、  
『痛みが出る時間帯』を  
チェックしてみてください(^^)/

【自分で肩こりを解消する方法】

【自分で肩こりを解消する方法】

YouTubeで【コレ↑】を検索すると、  
色んな方法が出てきます。

・肩甲骨はがし  
・肩のストレッチ  
・肩こりに効くヨガ

どれも一定の効果があるのは  
間違いありません。

ですが(大事な文言)が抜けています。

それは、、

【(毎日必ず3ヶ月間アレンジせずに続ければ効果のある)  
 自分で肩こりを解消する方法】

という前文です。

・たった1日で  
・たった3分で  
・誰でも簡単に

そんな方法が世の中に存在しているなら、  
こんなにもたくさんの人が  
肩こりに悩んでいるはずがありません。

誰でも簡単に肩こりが解消できるなら、  
僕たち治療家という職業は  
この世に必要ありません。

興味を引くためにあえて  
キャッチーなタイトルをつけた動画。

興味を持ってもらうことは大事ですが、  
『継続する』ことが1番大事だと思います。

色んな健康法には、  
(見えない前文)が隠されていることを  
どうか忘れないでください。

【治療家として娘に伝えたいこと】

【あなたの身体は何とも交換できません】

長女「パパ、歯が抜けた!」  
奥村「おぉ!次はもう大人の歯が生えるな!」

長女「隣の歯もグラグラしてるよ」  
奥村「いいかい?大事な話だからよく聞いて」

奥村「次に生えてくる歯は大人の歯だから、  
   もう抜けたら2度と生えてこないんだよ」

奥村「歯だけじゃなくて、腕や脚も、  
   ケガをしてなくなってしまったら、  
   もう2度と生えてこないんだよ」  
長女「うん」

奥村「今ある”自分の身体”は大人になっても、  
   ずっと”あなただけの身体”だから」  
奥村「ずっとずっと大切にしていかなきゃいけない」

奥村「今も、大きくなってからも、  
   たくさんやりたい事あるよね?」  
奥村「絵を描いたり、海に行ったり、キャンプに行ったり、  
   アイス食べたり、かけっこしたりしたいよね?」  
長女「うん」

奥村「そんな時”自分の身体”がなかったら、  
   痛くて動かせなかったら、  
   やりたい事はできなくなるよ」

奥村「”自分の身体”は何とも交換できないから、  
   痛くなっても誰も変えっこしてくれないんだ」

奥村「だから”自分の身体”は大切にしてね」  
奥村「身体が痛くなくて元気でいれば、  
   好きなことなんでもできるから!」  
長女「わかった!」

奥村「今度、お休みの日にやりたい事ある?」  
長女「パパと海に行きたい!」

奥村「よし!たくさん寝て元気だったら、  
   一緒に海に行こう!」  
長女「うん!」
 

【嘘をつかない】

【嘘をつかない】

僕が心に決めていることです。

患者様と向き合うとき、  
治療家として大事にしていることです。

肩こり、腰痛、五十肩、股関節の痛み。

様々なお悩みで苦しんでいる患者様に、  
・今、体はどんな状態なのか?  
・なぜ痛みが出てしまっているのか?  
・なぜ症状がなかなか改善しないのか?  
・今後どんなリスクがあるのか?

時には厳しい事実をお伝えする、  
心苦しいこともありますが、、

治療家としての覚悟と責任を持って、  
包み隠さず説明をします。

患者様に安心を提供するのが僕の仕事です。  
患者様に未来を見せるのが僕の仕事です。  
患者様に健康を失わせないのが僕の仕事です。

僕にできることは限られていますが、  
できる範囲のことは手を抜かない。

それが治療家としての覚悟です。

【プラス水1杯からの健康維持】

【プラス水1杯からの健康維持】

6月27日に東海地方の  
梅雨明けが発表されました。

「本当に梅雨があったの?」というくらい、  
短い短い梅雨期間でしたね。

梅雨が明けた途端に真夏になって、  
連日35°を超える猛暑で、  
汗が止まらない毎日になりました

【「アキレス腱が硬い」の意外な原因】

【「アキレス腱が硬い」の意外な原因】
 
・運動をしている人  
・ふくらはぎが浮腫みやすい人  
・夜中に足がつりやすい人
 
こんな人たちの多くは、  
「アキレス腱が硬い」です。
 
僕たち治療家とって、  
アキレス腱の硬さは大事な評価項目で、  
足関節の機能を考える上で  
欠かすことはできません。
 
 
一般的な
 
 「アキレス腱が硬い」
 
という言葉の意味は、
 
 「足首が固い」
 
と同義で使われがちですが、  
治療家は2つの言葉の意味を  
分けて考えなければいけません。
 
 
「アキレス腱が硬い」は、  
アキレス腱”そのもの”が  
硬くなっているかどうかを  
検証、判断しなければなりませんし、
 
「足首が固い」は、  
・関節  
・靭帯  
・筋肉  
・脂肪体  
・皮膚  
の”どれが”固いのか?を  
検証、判断しなければなりません。
 
 
その中でも、  
かなり見落とされがちで、  
患者様に説明すると驚かれる組織が、  
『脂肪体』の硬さです。
IMG_1582.jpg
アキレス腱と踵の骨の間にある、  
クッションの役割を持つ『脂肪体』
 
この『脂肪体』が硬くなると、  
足関節の動きを阻害し、  
足首の可動域が制限されます。
 
 
実際に患者様の『アキレス腱下脂肪体』を  
足関節の動きに合わせて緩めてあげると、  
劇的に可動域が改善されるケースが多いです。
 
足関節の可動域が大きいということは、  
足底やふくらはぎの筋肉が大きく動き、  
ポンプ作用がちゃんと働くので、  
歩いているだけで浮腫みが取れます。
 
もちろん捻挫の予防にもなるし、  
膝や股関節の負担も減らせるので、  
足関節の可動域はとても重要です。
 
特にスポーツをしている方は、  
”アキレス腱断裂”の予防になるので、  
『脂肪体』を柔らかく保つことを  
オススメします!
 
 
「足首が固い」と感じている人は
意外と『脂肪体』が硬いかもしれませんよ!