新着情報

NEWS RELEASE 新着情報

2023年10月

【11月とお正月休みのお知らせ】

【11月とお正月休みのお知らせ】

早いもので明日から11月。

今年も残すところ2ヶ月となりました。

まだ日中は暖かい陽気ではありますが、
朝晩は確実に寒くなってきています。

こういう寒暖差が激しい時期は、
色々な不調が出やすいです。

実際に色んなエリアで、
インフルエンザによる学級閉鎖や、
家庭内感染が増えているみたいです。

当院でもぎっくり腰だけでなく、
五十肩や膝痛などの関節痛を訴える
患者さんが増えてきました。

お互いに最後まで油断せずに、
身体をメンテナンスしながら、
良い年末を迎えましょう(^^)

余談はここまでにして、
本題のお休みをお知らせします!

日曜日が定休日というのはそのままで、
・11月23日(木)
・11月24日(金)
・12月30日〜2024年1月3日
上記をお休みとさせていただきますm(_ _)m

すでに12月の予約も入り始めました!

お身体に予兆を感じた方は、
お早めにご連絡ください!

【実は危険!ぎっくり腰の前兆5選!】

10月に入りましたね!

ここ数日、朝晩が急激に涼しくなり、
長袖を着ないと屋外は心もとない気温になりました。

やっと暑かった夏が本格的に終わり、
冬や年末に意識が向かい始める頃ですが、、

この時期はもっと重要なことに、
意識を向けてほしい!!

そう!『ぎっくり腰』です!!

「季節の変わり目にぎっくり腰」
は有名な話ですが、
僕の体感や経験でも、
これからの時期が1年間で1番、
ぎっくり腰の発症率が高いです!

特にこの”5つの兆候”を感じている人は、
要警戒!早めに受診をお願いします!

ぎっくり腰は発症してしまうと、
数日はまともに動けません。

痛みを取るには数週間、
再発防止には数ヶ月〜1年以上は
治療時間を要します。

「ぎっくり腰にならない」ことが、
何よりも1番良いですが、
”兆候”を感じている方は、
本当に気をつけてください!!



【ぎっくり腰の兆候5選!】

僕が長年、治療家として、
たくさんの患者さんを診てきて、
実感していることがあります。

それは、、

①腰が曲げにくい
②股関節が曲げにくい
 (靴や靴下が履きにくい)
③寝返りがうちにくい
④月に3回以上足がつる
⑤たくさん歩くとモモの前やスネが疲れる

という方は、かなり高い確率で、
ぎっくり腰になっています!

この”5つの兆候”は、
今までにぎっくり腰になった患者さんから、
お話を聞いた中で特に多かった、

”ぎっくり腰になる前に感じた違和感”

たちです。

兆候を1つ感じた方もいれば、
複数の兆候を感じた方もいるので、
多少の個人差はあります。

もちろん、他の兆候を感じた方もいますし、
兆候を感じても発症していない人もいます。

ですが、開業して10年間で蓄積した経験としては、
”5つの兆候”を見過ごすのは危険だと思っています。

もしも心当たりがあるようでしたら、
早めにチェックに来てくださいね!